鮭釣りにやってきた!

 北海道は8月下旬くらいから、鮭釣りが盛んになります。もう9月の下旬ですが、やっと時間が取れたのでやってきました。早朝5:30スタートなので本日はテントを張っております。

 

 

しかし風が強い!  たぶん7メートルくらいの風で設営も本当に大変でした。でもお天気アプリでは風0メートルって…

f:id:masatakamuto:20170930212837p:image

 

すごいんですよ。吹っ飛びそうな風で設営もかなり念入りにやりました。全てのペグはソリッド30と40にして、張り綱も追加しましたが、突風が吹くとなんだか不安です。

 

 

お天気アプリの気温も一桁で、この日に備えて極暑ヒートテックで明日に備えます。テント内部の暖房は完璧なので寒くはありませんが、釣りをしているときは長時間外にいるので、寒さ対策は暑いくらいがちょうどいいです。

 

 

テント内部は近くに停めてある車から電気を供給しているので、電気毛布とダイソンで安心、安全です。内部の空気も綺麗にしてくれるのでダイソンはこれからの時期欠かせません。

 

 

 

北海道に住んでいながら、寒さにはめっぽう弱いのです(笑)。基本的な考えは暑ければ脱げば良いと思います。着るものがないのは一番嫌な感じなのでいつも厚着です。

 

 

 

設営をした後釣果を見てきましたが、釣れている方は4から5本くらい釣ってましたね。楽しみではありますけどね。風よ止んでくれ〜

 

 

その後、食事をしてまったりしておりました。テント内でスマホで記事を書いていますが、チラホラ小雨が降ってきたようです。家にいればわからないほどの小粒の雨でもテントにいるとどんだけ降ってるのと思うくらい、雨音がします。たぶん、キャンプをしたことがある方ならお分かりだと思いますけど…

 

 

明日、風が強ければ様子を見ながら撤収して帰るつもりです。そんなときは得てして魚も釣れませんからね。もう一日粘って午前だけやるかも知れませんが、すべて天候次第です。

 

 

キャンプも風が大敵です。ペグが飛んだり、テントが飛ばされそうになったり、ポールが曲がったや折れたりなどがありますからね。

 

 

 

実際に私ではないですが、テントが吹き飛ばされて大変な現場を見てきました。そのことは次回以降の記事で書く予定です。

 

 

私のテント選びの基準は、風に強いことが絶対の条件でスカートがあることが望ましいと考えいます。なんせ寒がりなんでね。

 

 

いつも見ていただいているアイボリーのテントもドーム型で風には強いです。でも、今まで最強の風かも知れません、海が近くにあるのでそのせいなんでしょう。

 

 

釣果については、釣れた場合はこのブログで紹介するはずです。紹介がなければボウズだったと思ってください。

 

 

 

まだまだ、早いですがそろそろ就寝して明日に備えたいと思っております!  それではまた来週にお会いしましょう。